本文へジャンプ

東京2020応援プログラム


「64年大会ボランティア経験者が語るバリアフリーの発展と未来」


1964年東京パラリンピックでのボランティア活動を機に設立され、
50年以上の歴史を持つ赤十字語 学奉仕団が、64年大会を通じて学んだことや、当時の経験を振り返ります。
また、2020年オリンピック・パラリンピックに向け、今日までの「バリアフリーの発展」という観点から、
2020年さらにその先の未来についても考えていきます。


<募集要項>

  1. 日時:令和元年 10月6日(日)13:00〜16:00
  2. 場所:日本赤十字 本社 101会議室
  3. 住所:東京都港区芝大門1-1-3
  4. 参加費:無料
  5. 定員:先着80名
  6. イベント内容:
    • 導入:日本赤十字社および赤十字語学奉仕団のご紹介
    • 第1部:55年間を超高速で振り返り、これからすることをみんなで考える
      (ゲスト:一般社団法人64語学奉仕団のレガシーを伝える会 吉田 紗栄子様、斎藤 明子様)
    • 第2部:Talented(才能ある)&Able(できる)障害者を知る!
      (ゲスト:フルート奏者 綱川 泰典様(視覚障害)、落語と話芸 正光寺 しなの様(自閉症))
    • 結び:2020年に向けて
  7. 参加方法:下記メールアドレスに必要事項をご記入の上お申し込みください。
    • 宛先:2020sankaku1006@tok-lanserv.jp
    • 件名:東京2020応援プログラム参加申込
    • 本文:①氏名、②住所またはメールアドレス、③電話番号

トップページに戻る

フッターイメージ